就労移行支援と就労継続支援A型。自分に合うのはどっち?


障害者の就労支援には、「就労移行支援」「就労継続支援A型」「就労継続支援B型」「就労定着支援」があります。
それぞれサービスの内容は違いますが、「自分にどのサービスが合っているのかわからない」と悩む方も多いと思います。特に就労移行支援と就労継続支援A型のサービスを検討している方にとって、どちらも共通する部分があるため悩まれる方もいるのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、就労移行支援と就労継続支援A型のサービスの特徴を説明し、それぞれのサービスに合っている人の解説をしていきます。
就労移行支援と就労継続支援A型どちらのサービスを受けようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

就労移行支援と就労継続支援A型。自分には合うのは?


ここでは、就労移行支援とは何か、就労継続支援A型とは何かを説明していきます。どちらも似ているようで大きな違いがいくつかあるので、以下で確認していきましょう。

就労移行支援とは

就労移行支援とは、障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスの1つです。
一般就労が困難となる障害や難病をもつ18歳から64歳までの方を対象にしています。サービスの内容は、就労移行支援を行う施設や事業所で、就職するための訓練を受けられるというものです。

施設や事業所では、ビジネススキル習得に向けたカリキュラムが用意されています。利用者は事業所のスタッフとのカウンセリングサービスを通じて、自分に合った仕事や就職先を見つけることができます。また、就職後も安定して職場に定着できるようスタッフが支援を提供します。
なお、就労移行支援の利用期限は2年間です。そのため、2年の間にビジネススキルを身につけて就職することを目指します。

就労継続支援A型とは

就労継続支援A型とは、障害や難病のある方、事業所などと雇用契約を結んで、支援を受けながら働くことができるサービスです。原則18歳以上65歳未満の方がサービスの対象になります。就労継続支援A型は雇用契約を結ぶため、基本的には最低賃金額以上の給料がもらえます。
就労継続支援A型事業所の勤務は、基本的に一般就労と変わりありません。ただ一般就労と比べて勤務時間が短い場合が多いです。
就労継続支援A型は、就労移行支援のように利用期限はありません。一度サービスの利用を開始すれば、無期限でサービスを受けることができます。

就労移行支援と就労継続支援A型の併用はできない

就労移行支援と就労継続支援A型の併用できません。なぜなら、これまで見てきた通り就労移行支援と就労継続支援A型とは、その目的も対象も違うからです。あくまで就労移行支援とは、「就職するために必要なスキルを身につけることが目的」です。一方就労継続支援A型は、「安定して働ける場所を提供する」ことが目的となっています。
このように、その目的と対象が違うため、就労移行支援と就労継続支援A型の併用は不可能なのです。

就労移行支援のメリットとデメリット


次に、就労移行支援のメリットとデメリットについて見ていきます。
 

就労移行支援のメリット

就労移行支援のメリットは、安定して通う習慣が身につきやすいという点にあります。
体調などが原因で安定した通勤ができなかった方でも、スタッフと一緒に対策を考えながら改善を図ることができます。

また、社会人の基本となるビジネスマナーや言葉遣いについても、支援を通じて身につけることができます。さらには、ビジネス能力検定や日商簿記など資格取得やスキルアップのための学習に取り組む環境も整っている場所が多いです。就労を目指している方にとって、これらの点は大きなメリットになります。

就労移行支援のデメリット

就労移行支援のデメリットは、給料が発生しない点です。さらにサービスを受けられる期限が2年と決められています。2年という期間は人によっては短い場合もあるため、就労移行支援の期限が定められているという点もデメリットだといえるでしょう。

就労移行支援に合っている人

以上のことから就労移行支援に合っている人は、将来就きたい職業や仕事、目標がある人だといえます。あるいは、一般の企業で就職したいという人も、就労移行支援が合っています。また就労移行支援は給料が出ないので、実家暮らしなどをしており、金銭面で不安がないという人も、就労移行支援が合っているといえるでしょう。

就労継続支援A型のメリットとデメリット


次に、就労継続支援A型のメリットとデメリットについて見ていきます。

就労継続支援A型のメリット

就労継続支援A型のメリットは、毎月給料が発生するという点です。また、就労継続支援A型事業所と雇用契約を結ぶため、最低賃金額以上の給料がもらえるという点も大きなメリットになります。
また、事業所のスタッフが、利用者の方に合ったペースで仕事量や内容を調整してくれるため、無理なく取り組むことができて安心です。

その他にも、就労継続支援A型には、福祉サービスや雇用契約に期限が定められていません。そのため、安定して働くことができます。一般企業では残業や休日出勤が発生する場合もありますが、A型事業所などではそのようなこともないので安心です。

就労継続支援A型のデメリット

就労継続支援A型のデメリットは、就職に向けたプログラムが用意されていないという点です。A型事業所はあくまで仕事をするために通う場所であるため、就労移行支援のようなサービスを受けることができません。
ただ、A型事業所で仕事に対する自信や体力をつけて一般就労する方も多くいるため、A型事業所で一般就労を目指すことも可能です。

就労継続支援A型に合っている人

以上のことから、就労継続支援A型に合っている人は、安定した収入が欲しい人だといえます。その他に、自分のペースで無理なく働きたい、という人も就労継続支援A型が合っているといえますね。

まとめ


今回の記事では、就労移行支援と就労継続支援A型について説明し、それぞれのサービス合う人の特徴を解説してきました。
就労移行支援の目的は就労するためのスキルやマナーを身につけて就職することです。一方、就労継続支援A型の目的は、安定して働ける場所を提供することなので、両者はまったく異なるサービスになります。
まずはご自身の目的に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

なお、安定した職場で無理なく働きたいという方には、就労継続支援A型事業所やさしいあおぞらの施設見学会に参加することをおすすめします。
やさしいあおぞらでは、できることから始めて無理なくステップアップをしていけるプログラムが用意されています。
ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました