就労継続支援A型とB型の違い

支援
事業所にて働く事が難しい方々に対して活躍の場を提供するのと同時に、仕事による生産する機会を介して能力と知識を高めるのが就労継続支援事業であり、就労継続支援事業は就労継続支援A型とB型の2つにより成立しています。

就労継続支援A型事業所とは


就労継続支援A型は、難病を患っている方もしくは障害を有している方が雇用契約を締結した上で支援が整っている仕事場にて活躍可能になる福祉サービスを指します。
法律に則って展開されているサービスの1つであり、今日では一般企業にて働く事が難しい65歳未満を対象にして支援の状況が整っている中で、継続的に働く事ができるように仕事場の提供が行われています。

利用する方は就労継続支援A型の事業所と雇用契約を締結する特性上得られる給料は最低賃金を上回りますし、基本となる点に関しては一般就労と大きな差異がありません。
そのように一般就労とは大きな差異が無いものの、異なる点として挙げられるのが就労時間が短めである事や一般就労に比べると収入額が異なる事です。

就労継続支援B型事業所とは

就労
一方の就労継続支援B型は、体力または年齢などが関係して雇用契約を締結して活躍する事が難しい方が軽作業などを通じて就労訓練に励める福祉サービスの事です。
就労継続支援A型と同じく法律に則っている様子は共通していますが、就労継続支援B型は容易に行える作業を短い時間行う様子が特徴的ですし、A型とは異なる年齢制限が設けられていないのも独自的です。
さらに、事業所との間にて雇用契約は締結しないので、賃金という形式が採用されるのではなく生産物に向けた工賃が成果報酬となり支払われます。

そのため、就労継続支援A型ではカフェまたはレストランなどの飲食店でホールスタッフとして働いたり、コンピュータを使用したデータ入力の代行業務などがありますが、就労継続支援B型では農作業やクッキーの製菓などが主な作業内容です。
そして、就労継続支援B型と深い関係性がある機関として特別支援学校がありますが、制度を利用したい時には卒業した後に一度就労経験をしたり支援事業所にお世話になり、働く事について課題などを分析しておく事が求められます。

利用を考えているものの、詳しい情報がわからなかったりサポートを受けたい時には生活をしている市町村に設けられている障害福祉サービスに関する窓口にて相談すると、サポートしてもらえます。
他にも就労継続支援B型は障害者手帳を有していなくても利用できる事業所が存在する事例もあり、定期的に病院を訪れていたり医師に診察してもらっているのなら各自治体の考えにより入所できる事も珍しくないため、同様に窓口に相談をすると良いです。

このような就労継続支援B型は1週間に1日のみや1日に1時間のみといったような働き方も可能になるので、体調または障害に応じて個々の心身に無理のない状態で働き自身の能力を活かしてますます向上させたり、社会参加ができるようになり活力が溢れる毎日が送れます。

タイトルとURLをコピーしました